MGK-1400

綾瀬研究所で唯一、本原反 (ロール) で試作が可能なコーター

コーター仕様

塗工方式 マイクログラビア、ナイフ (AP)
炉長 12m
ゾーン数 4ゾーン
基材幅 1,500mm

巻出し巻取り部

バンクヘッド

マイクログラビア塗工部

マイクログラビアヘッド、ナイフヘッドの2ヘッドで、本原反で塗工試作できるコーター設備が2018年5月から稼働しました。

MGK-1400の特徴 ①

  • 中・高粘度塗工液の塗工にナイフコーターを採用
  • ナイフギャップ設定域:0.1~5㎜
  • 塗工幅設定域:100~1,400㎜
  • 塗工例
酸化亜鉛スラリーの塗工
固形分濃度 64.4%
粘度 3.2Pa*s
塗工基材
帝人製PETフィルム G2 #50
47.5μm
塗工幅
800㎜
膜厚
34.15±0.65μm
(総厚からフィルム厚さを引いて算出)

酸化亜鉛スラリーの塗工 ナイフギャップ200um グラフ

▼例 パネルヒータ設定温度100℃
フィルム表面温度67℃

MGK-1400の特徴 ②

乾燥炉全段の基材裏面側にパネルヒータを採用。
各パネルヒータからはエアブローができるようになっており、熱伝導効率を上げています。

こんなニーズに

①広幅の少量サンプルを作製したい。
MG塗工ヘッドとコンパクトなパス長により、小回りの良い試作が可能です。
②元原反を使用した試作を行いたい。
最大850kgのロールを掛けられるため、スリットや小分けをしなくてもマスターロールの使用が可能です。
③バンク(ナイフ)ヘッドを利用した厚塗り検討を行いたい。
裏面パネルヒーターの使用により、厚塗り乾燥にも適しています。

巻出し部